検索する
人気のキーワード検索:
現在地: ホームページ > ニュース > 技術資料

注目のニュース

乳剤の改良型の薬物開発の中でどのような試みがありますか?脂質に含まれる薬の量とリン脂質の種類は直接関系していますか?

リリース時間: 2021-07-06

ビュー: 697

乳剤の改良型の薬物開発の中でどのような試みがありますか?

いろいろ試してみましょう例を挙げてみましょううちの改良型の新薬の多くは、このゴミの中からいいものを探していると思う。

どういう意味ですか。いくつかの品種では、薬に欠陥がある可能性があり、それまではスクリーニングで使われていなかったかもしれません。でもね、今選べる薬はほとんどないでしょ。だから、後でいい品種を選んで、欠陥があっても使うかもしれない。

この中でアリピタンを例にあげますが、アリピタンという薬はどうでしょうか?抗がん剤用の制吐薬です実はその化合物自体の特性が悪く、油にも水にも溶けず、古くは経口でしか作れなかった。しかし、経口投与したところ、この制吐薬が効きにくく、また吐かれる可能性もあるため、アメリカでは2018年にこの注射剤が発売されました。直接体内に入れると、吐瀉抑制効果があります。同じような考え方で注射剤を作ることができます

脂質に含まれる薬の量とリン脂質の種類は直接関系していますか?あるとどういう関係ですか?

脂質体制に関係しているのかもしれませんが、薬が入ってくるものと入ってくるものがあります。硫酸勾配法を使う人もいれば、ショ糖を買って薬を入れやすい人もいます。これも影響しているのかもしれないと思います。主にその包みの役割を見ます。リン脂質は主に包みの役割ですから、薬の出し方次第です。
在线咨询
カスタマーサービス
固定電話
021-58876118
ホットライン
13916637505